【携帯見直しに必須】スマホの使用状況とデータの節約方法を徹底解説!

【携帯見直しに必須】スマホの使用状況とデータの節約方法を徹底解説!
  • データ無制限のプランだから何ギガ使っているか分からない
  • ギガの使用量や通話時間ってどうやって確認するんだろう…
  • データを上手に節約する方法を教えて!

携帯料金の見直しをする際に重要なのが「スマホの使用状況の把握」。しかし、毎月のデータ使用量や通話時間を把握している人は少ないです。

私は2015年から毎月、データ使用量と通話時間をチェックしており、いつでも携帯の見直しができるようにしてます。

そこでこの記事では、携帯料金の見直しをしたいと思っている人が現状を把握できるよう、『スマホの使用状況とデータの節約方法』について解説します。

この記事を読めば、自分の利用状況を把握してデータを上手に節約することで「自分に合った携帯会社・プランに乗り換えるための準備」ができます。

携帯を乗り換えるために必要な準備は次の3つ。

  • スマホのデータ使用量・通話時間を把握する
  • アプリごとのデータ使用量を把握する
  • 生活の満足度が下がらない程度に通話・データを節約する
てるてる

データの節約ができれば、携帯料金をさらに安くできますよ。

今の契約状況の確認方法や、料金の仕組みは「携帯料金見直し講座」のSTEP3で解説しています。

>> 【初心者向け】携帯料金の仕組みから料金明細の確認方法まで徹底解説!

「携帯料金見直し講座」の全体を把握したい場合はこちらをご覧ください。

>> 携帯料金見直し講座

タップできる目次

ギガとは

ギガとは

ギガとは、データ容量の単位のこと。正式にはギガバイト(Giga Byte)といい、「GB」と表記します。

「ギガが足りない」「ギガ無制限」などと聞くことがありますが、「データ容量」を短く親しみやすい言葉に言い換えた言葉が「ギガ」となります。

G(ギガ)には10億倍という意味があり、1GB(1ギガバイト)は言い換えると10億バイト。他にもデータ容量の単位には次のようなものがあります。

  • 1KB(キロバイト)= 1,000B
  • 1MB(メガバイト)= 1,000KB
  • 1GB(ギガバイト)= 1,000MB
  • 1TB(テラバイト)= 1,000GB

データ量は1,000倍ごとに「B → KB → MB → GB → TB」と変化します。

データ容量の最小単位は1bit(ビット)であり、「8bit = 1Byte(バイト)」となります。

携帯のプランを選ぶときや、スマホの使用状況を確認するときにもよく「ギガ」が出てきます。

ギガ = GB = データ容量」と覚えておきましょう。

てるてる

何となく使われている「ギガ」は、データ容量の単位のことなんです。

利用内容ごとの使用データ量は以下のようになっています。

利用内容使用データ量
ニュースサイト閲覧(1ページ)0.3MB
※1GBで3,300ページ
メール送受信(1通)0.5MB
※1GBで2,000通
地図アプリ(10分)1MB
※1GBで1,000回
標準画質の動画視聴(1時間)300〜500MB
※1GBで2〜3時間
出典:総務省ホームページ

ニュースサイト閲覧やメール送受信はテキストが中心のため、ほとんどデータを消費しません。

一方、動画視聴は他の項目に比べて大量にデータを使うことが分かります。動画を長時間見る人は、大量の「ギガ」を消費するので注意しましょう。

スマホのデータ使用量・通話時間を把握する

スマホのデータ使用量・通話時間を把握する

携帯料金の見直しをするには、スマホの使用状況の把握が重要。使用状況を正確に把握するには、直近3ヶ月分の料金明細書を確認しましょう。

大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の料金明細書の確認方法はこちらの記事で解説しています。

>> 【初心者向け】携帯料金の仕組みから料金明細の確認方法まで徹底解説!

先に料金明細書を確認してから読み進めると、より分かりやすくなっています。

スマホのデータ使用量を把握

スマホのデータ使用量を把握

直近3ヶ月のデータ使用量の平均は何ギガでしたか?MMD研究所によると、大手3キャリア利用者の多くが30GB以内に収まっています。

次の画像は「直近で利用しているスマートフォンの月間のデータ容量」のグラフです。

直近で利用しているスマートフォンの月間のデータ容量 ※通信サービス別
出典:MMD研究所 ホームページ

上記グラフより、大手3キャリアのデータを整理すると次の表になります。

月間データ使用量割合
0GB〜7GB以下59.2%
8GB〜30GB12.6%
31GB〜無制限6.3%
分からない21.9%
大手3キャリアの月間データ使用量ごとの割合

資料によると、大手3キャリア利用者の約7割が30GB以下。

30GB以下であれば、他社へ乗り換えることで携帯料金が節約できます。

31GB以上でも、通信品質にこだわらなければ携帯料金が節約できる場合があります。

てるてる

大手3キャリアを利用中で30GB以下の人は、コスパが悪くて割高な料金を払っています。

通話時間を把握

通話時間を把握

通話が多い人にとって気になるのが通話時間。5分かけ放題や24時間かけ放題オプションを付けている人も多いです。

通話時間の確認ポイントは次の2つ。

  • 1回当たりの通話時間
  • 1ヶ月の合計通話時間

5分かけ放題や24時間かけ放題をつけた方がお得になるパターンを解説します。

5分かけ放題

1回当たり5分以内の通話が多く、ひと月の通話時間が約20分以上なら、5分かけ放題オプションを付けた方がお得になります。

理由は、ひと月に約20分以上通話をすると5分かけ放題の月額料金を超えるため。通話料「22円 / 30秒」と、5分かけ放題の料金から計算すると次のようになります。

通信会社5分かけ放題の月額料金5分かけ放題を付けた方がお得になるひと月の通話時間
ドコモ770円18分以上
au770円18分以上
ソフトバンク880円20分以上
5分かけ放題を付けた方がお得になるひと月の通話時間

24時間かけ放題

1回当たり5分以上の通話が多く、ひと月の通話時間が約45分以上なら、24時間かけ放題オプションを付けた方がお得になります。

理由は同じく、ひと月に約45分以上通話をすると、24時間かけ放題の月額料金を超えるため。計算した表は次のようになります。

通信会社24時間かけ放題の月額料金24時間かけ放題を付けた方がお得になるひと月の通話時間
ドコモ1,870円43分
au1,870円43分
ソフトバンク1,980円45分
24時間かけ放題を付けた方がお得になるひと月の通話時間

通話料やかけ放題の料金は通信会社によって異なります。計算するには次の式に当てはめてください。

かけ放題の月額料金 ÷ 1分当たりの通話料

通話料を節約するにはLINEの活用がポイント。LINEでつながっている人とは積極的にLINE通話を使いましょう。

LINEには「LINE Out」という、格安料金で携帯や固定電話に発信できるサービスがあります。通話料の節約ができるのでおすすめです。

てるてる

格安SIMの方が、通話料やかけ放題オプションが安い場合が多いですよ。

アプリごとのデータ使用量を把握する

アプリごとのデータ使用量を把握する

料金明細書でひと月の使用データ量が分かったら、次はアプリごとのデータ使用量を確認します。

アプリごとのデータ使用量が分かれば、スマホの使い方を見直すことでデータの節約が可能です。

てるてる

iPhoneの場合とAndroidの場合、それぞれ手順を解説しますね。

iPhoneの確認手順

iPhoneの確認手順

iPhoneの「アプリごとのデータ使用量」を確認する手順は次の通り。(iOS 15の場合)

設定 → モバイル通信 → 〇〇のモバイルデータ通信
※〇〇は自分で付けた回線名称

実際の画面は次のようになります。

iPhoneの設定画面
設定
iPhoneのモバイルデータ通信の画面
モバイル通信
iPhoneのアプリごとのデータ通信画面
〇〇のモバイルデータ通信

「〇〇のモバイルデータ通信」にデータ使用量の多い順でアプリが並んでいます。

上の方にあるアプリのデータ使用量を減らすと、スマホ全体のデータ使用量を効率的に節約できます。

表示されているデータ使用量は統計情報をリセットしてからの累計値です。1ヶ月間のデータ使用量を知るには、月初に統計情報をリセットしましょう。

Androidの確認手順

Androidの確認手順

Androidの「アプリごとのデータ使用量」を確認する手順は次の通り。

※Androidは機種によって多少違う場合があります。

Android 12の場合

設定 → ネットワークとインターネット → SIM → アプリのデータ使用量

Android 11以下の場合

設定 → ネットワークとインターネット → モバイルネットワーク → アプリのデータ使用量

iPhone同様、上の方にあるアプリのデータ使用量を減らすと、スマホ全体のデータ使用量を効率的に節約できます。

表示されているデータ使用量は統計情報をリセットしてからの累計値です。1ヶ月間のデータ使用量を知るには、月初に統計情報をリセットしましょう。

生活の満足度が下がらない程度にデータを節約する

生活の満足度が下がらない程度に通話・データを節約する

アプリごとのデータ使用量が分かったら、データの節約ができないか考えてみましょう。

データ使用量が多くなりがちなアプリ・サービスは主に次の5つ。

  • 動画(YouTube・Prime Video・Netflix など)
  • 音楽(Prime Music・Apple Music・Spotify など)
  • 写真などのクラウドバックアップ(iCloud写真・Googleフォト など)
  • テザリング(インターネット共有)
  • アプリやOSの更新
てるてる

それぞれのデータ節約方法を解説しますね。

動画・音楽

動画・音楽

動画や音楽は初期設定のまま視聴するとデータ使用量が増大します。特に動画は高画質で視聴するとかなり容量が必要なので注意。

動画と音楽のデータ節約方法は次の2つ。

  • 画質・音質を下げる
  • Wi-Fi環境でダウンロードしておく

動画アプリや音楽アプリは設定で画質・音質の設定ができるようになっています。

「モバイルデータ通信」の場合の画質や音質を下げておきましょう。

※「Wi-Fi」の場合の設定は初期設定のままで大丈夫です。

また、あらかじめ視聴する動画や音楽がある場合は、自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておくと、携帯回線のデータを使用せずに視聴できます。

てるてる

私もお気に入りのプレイリストはダウンロードして聴いています。

写真などのクラウドバックアップ

写真などのクラウドバックアップ

スマホで撮った写真をクラウドにバックアップしている人も多いです。

例えばiPhoneなら「iCloud写真」、Androidなら「Googleフォト」に同期している場合が該当します。

モバイルデータ通信でのバックアップが有効になっていると、写真を撮影すると同時にクラウドへのバックアップが開始。たくさん撮影するとその分だけデータ通信量が増えます。

自宅にWi-Fi環境がある人は帰宅後に自動でバックアップされます。モバイルデータ通信でのバックアップをオフにしておきましょう。

てるてる

すぐにバックアップしたい場合は手動で操作すればOK。

テザリング(インターネット共有)

テザリング(インターネット共有)

外出先で仕事をする人にとってよく利用するのがテザリング。スマホよりパソコンでのデータ通信量の方が多いため、どうしてもデータ使用量が増えてしまいます。

テザリングとは、スマートフォンの通信回線を使って、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機などの外部機器をネットに接続できるようにする機能のこと。
もっと簡単に言うと、「スマホをモバイルWiFiルーターとして利用する」ことです。

パソコンにもクラウドのアプリが入っている場合は、同期するためにモバイルデータ通信を使用してしまいます。

データを節約したい場合は同期系のアプリを切っておくことをおすすめします。

てるてる

仕事で使う場合はある程度割り切るのも必要ですね。

アプリやOSのアップデート

アプリやOSのアップデート

スマホのアプリやOSにはアップデート(更新)がつきもの。しかし、アプリやOSのアップデートには大容量通信が必要です。

アップデートはすぐに行う必要はありません。モバイルデータ通信でのアップデートはオフにしておき、自宅のWi-Fi環境でアップデートしましょう。

てるてる

特にOSの更新は大量のギガを消費します。データ無制限プラン以外の人は注意してください。

まとめ|スマホの使用状況を把握し、通話やデータを無理なく節約しよう

まとめ|スマホの使用状況を把握し、通話やデータを無理なく節約しよう

携帯料金見直しの第一歩は、スマホの使用状況を把握すること。把握した後は、無理のない範囲で通話やデータ使用量を節約しましょう。

携帯を乗り換えるために必要な準備
  • スマホのデータ使用量・通話時間を把握する
  • アプリごとのデータ使用量を把握する
  • 生活の満足度が下がらない程度に通話・データを節約する

動画の画質設定など、少し設定変更するだけでデータ使用量が劇的に減ります。

一度設定してしまえば効果はずっと継続。乗り換え後の契約もより安いプランを選べます。

通話時間やデータ使用量が節約できたら、次はいよいよ乗り換え先の携帯会社・プランの選択です。

てるてる

ここまで来れば、携帯料金見直し講座もあと3 STEPです。がんばりましょう!

次の「STEP5:【大手キャリア?格安SIM?】携帯会社・プランの選び方を解説!」では、あなたに合った携帯会社やプランの選び方について解説します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次